大豆粉 no シフォンケーキ

昨日は大豆粉を使って作る
「シフォンケーキ」の教室でした

そして、「こめこめこ」初の午前・午後1日2回 開催

たくさんのお申し込みを頂きまして
ありがとうございました

公開72

「こめこめこ」で使用している大豆粉は
油を抜いてある「脱脂大豆粉」です
(大豆すべての油が抜いてある訳ではありませんが、
大豆を圧搾絞りして、油を抑えてあるものです)

公開73

今回は米粉も使わず、
粉はこの脱脂大豆粉だけでシフォンケーキをつくりました

ベーキングパウダーも使用していないため、
焼きあがった後、少ししぼんでしまいますが、
その分、「ふわふわで、しっとり~」な
優しい味のシフォンケーキが完成します

公開74

「きなこ」とはまた違った風味で、
ご参加いただいた皆様からも、
「生クリームなどでデコレーションをしなくても、
このままで十分甘みも感じられて美味しい」と
言って頂きました

まだまだ、可能性を秘めた「脱脂大豆粉」
私自身も、もっとレパートリーを広げて
これから皆さんにご紹介していきたいと
改めて感じました

お忙しい中、お越し頂きありがとうございました
また、次回お会いできる日を楽しみにお待ちしています

スポンサーサイト

ブログ de 北條 in 三島②

①に引き続いて、山中城跡公園編
V字に広がる山城の右側の方へ~

富士山と米粉ガトーショコラで
再び元気を取り戻し、
いよいよ、ついに、噂の「障子掘」がある右側へ

が、いきなり、道に迷う
あとで、近道のルートがあったことに気が付きましたが、
どうやら、私たちは、
わざわざ遠いルートを選んでしまったらしく、
国道1号線に沿って歩いてしまい、
北の丸(一番右端のエリア)から散策することに

公開62

で、こちらのエリアはけっこうな急斜面を上ります
そして、くねくねとした滑りやすい山道が続きます

そうですよね、もともと軍事的な要素の強い城ですもの、
そうやすやすと攻め込まれないようになっているんだから
今も、歩きにくくて当たり前なんですよね

途中には、こんな掘りが随所に見られます

こういう小さな堀もきちんと今まで保存されているってことが、
すごいことなんですよね~
だって、1560年代に築城されたお城の跡なんですよ

そうこう思いをはせながら歩いていると、
やっと、V字の右上、ついに、西の丸エリアに到着

これが、北条氏の特徴が出ているといわれている、
「障子掘」

公開63

なんで、「障子掘」というかというと、
どうやら、入り組んだ形が、「障子のさん」に似ていると
いうことからついたそうですが、、、
角度によっては、そう見えなくもない?
かなという感じ

公開64

そして、こんな形の堀も掘られています

こんな感じに一つ一つ堀が
区画されて掘られているので、
一部は地下水を中に溜めて用水池を兼ねたり、
敵が水の中に落ちる?ということを想定した
水堀だったらしい

公開65

堀の一つ一つの区画はかなり深く掘られていて、
なんと、深さは9メートル以上、
傾斜は55度の急斜面
しかも、関東ローム層の滑りやすい土
それは、一度落ちたら、這い上がれない
まさに蟻地獄状態になっています

だった、はず、、、なんだけどね~
こんなに、複雑に、こりにこった堀を掘って
豊臣軍を迎え撃つ準備をしていたのに、、、
攻め込まれて、たった半日で落城ですよ
やっぱり圧倒的な兵力の数には勝てないということでしょうか。。。

逆に、区画をわざわざ時間をかけて複雑に作らずに、
ただ長~い堀にしておいた方が、
かえって攻めにくかったのでは?
と、思わずにはいられないけど
そういうところが、北条軍らしいところなんでしょう

今もこの堀をわざわざ見に来る観光客が
こんなにいるんですもの
そう、そして、ただ長いだけの堀ではなく、
この山肌に沿って複雑に掘られた堀だからこそ、
感動する美しさなんですよね

そうそう、西の丸からも、
富士山がきれいにみえますよ~

公開66

西の丸を取り囲む「堀」を満喫して、
下山
戻りは池の横を通って近道で

前回、一夜城でも、山城の生命線は水
と勉強しましたが、
ここも、標高580メートルの山城ですが、
湧水が豊富に湧いてたので、
池や井戸が作れたんですね~

そして、山中城跡公園から、
三島大社へとバスで移動

③へつづく

ブログ de 北條 in 三島①

なかなか小田原から出られずにいましたが、
やっと行ってきました~ 山中城跡へ

小田原駅から電車で約40分
静岡県三島市へ~

午前中に三島駅に着き、そこからバスに乗り、
約30分、、、のはず、、、

が、23日は祝日
しかも、大安吉日ということで、
イベントやら、結婚式やら、七五三やらで、
三島駅から、三島大社まで、
大渋滞

たぶん、通常なら、5分ぐらいのところを、
15分以上かかり、
この先、大丈夫かしら?と不安になりましたが、
三島大社を過ぎたら、一気に渋滞解消で、
そこから、カーブを繰り返して、
山の上へ

公開57

箱根山の西側、
山中城跡に到着しました

山中城は、関東を支配していた北条氏にとっては、
戦国末期に築城した西の境目の城で、
国境警備の軍事的な要素が強い山城です

公開58

山の地形を生かし、築城されているため、
城跡の敷地はV字型になっていて、
そのV字の先端 南北へは崖を上るようになっています。

で、V字のつなぎ目あたりは、
かつては箱根街道が、
今は国道1号線で、分断されています

それもそのはず、ここかなり、広いんですよ

と、いうことで、まずは、V字の左側へ

公開59

こちら側は
「すり鉢曲輪」や見張り台などがある場所

そして、山中城の特徴「堀」が一直線に並んでいる
「一の堀」

公開60

敵の攻撃を防ぐために掘られた跡が残っています

そう、山中城跡には、城や建物・石垣はなく、
この「堀」がたくさん残っていて、
その特徴が北条氏ならではといわれているのです

そして、この眺めです
駿河湾、三島市内など、駿河地方一帯が見渡せます
敵が攻めてきてもすぐわかる見晴らしの良さです

あまりの富士山の美しさに、
私たちは「年賀状に使いたいね~」などと言いながら、
休憩所の椅子に座り、持参していた、
米粉の「ガトーショコラ」を食べてひとまず休憩
本来の目的を完全に忘れてピクニック気分

公開61

そうそう、こちら側は秀吉との戦に備えて
急遽、増築・整備したそうですが、
増築が未完成のまま豊臣軍の攻撃によって、
山中城はわずか半日で落城してしまったそうです

あぁ~もう、いきなり、せつない

こんなに、掘ったのに、、、
こんなに、複雑な堀なのに、、、
(V字の右側へ行くと、もっとそう思う)

だって、北条軍4千 VS 豊臣軍4万とも7万ともいわれている
 ですよ

数が違いすぎますって

と、いうことで、次回V字の右側
「障子掘」をご紹介します~

米粉 de シチューパン&ピザパン

11月20日は、「キノコシチューパン」
22日は「ピザパン」の教室を開催いたしました

公開52

初めてお越しいただいた方も、
もう何度もお越し頂いている方も、
みなさん「米粉パン」の魅力に
どんどん、ハマってくださ~い

公開53

きのこシチューパンの「米粉シチュー」は
いつも、その場で作りますよ

その簡単さに皆さんビックリ

そして、レッスン後、
ご自宅でホワイトシチューを作ってみたら、
「本当に手早く美味しいシチューができた」と、
嬉しいお声をたくさんいただいています

公開55

ピザパンは、これからの季節にもオススメのパンです

パーティーや年末年始、
たくさん人が集まる時に、
差し入れにも、おもてなしにもなりますよね

公開54

あらかじめ、ピザの生地だけを作っておいて、
集まった皆さんで、上にのせる具材を変えて、
お子様用や大人のおつまみ用など
いろいろな種類のオリジナルピザを
作ってみるのも楽しそう~

公開56

皆さん、どんどんアレンジを加えて、
米粉パンを楽しく&美味しく
召し上がってくださいね

そして、お忙しい中、
ご参加いただきまして、ありがとうございました
また、次回お会いできる日を楽しみにしております

米粉 de クリスマス

街にクリスマスの飾りが目立つようになってきましたね~

毎年、この時期は、ワクワク楽しい気分と、
「やばいやばい」年末年始が迫ってきたという、
複雑な心境だったりします

さて、おまたせいたしました、
「こめこめこ」のクリスマスレッスン
の写真ができました

もうすでに、お申し込みを頂いている方もいらっしゃいますが、
改めて、レッスン内容を紹介いたします


12月のケーキ教室は
「米粉でつくるガトーショコラ」です

米粉で作ると、甘さ控えめで
生地がパサパサせず、
しっとりとした食感のガトーショコラになりますよ

粉糖でクリスマスのデコレーションもしちゃいましょう

もちろん、お持ち帰り可能ですので、
クリスマスパーティー用に
「こめこめこ」で米粉ケーキを作ってみませんか?

公開48

12月のパン教室は
「米粉で作るシュトレン」です

本場のシュトレンはかなり固めですが、
米粉で作るシュトレンは、
外はパリッと中はもっちりで、
幅広い年齢の方にオススメです

こちらもお持ち帰りできますので、
ご家族に、お友達に、
「自分で作ったのよ~」と自慢しちゃいましょう

公開51

お申し込みは「こめこめこ」のホームページからと、
直接、教室で受け付けております

皆さま、なにかと、お忙しい時期だと思いますが、
ご興味がございましたら、是非お申込みください
お待ちしております


さあ、次は年明けの日程&メニューを
考えなくては

小田原城 de 菊花展

小田原城では昨日まで、
菊花展が開催されていました

一言で菊と言ってもいろんな種類があるんですね~
どれも、丹精込めて育てられているので、
一本一本、見事に咲いていました

公開46

菊花展は本丸広場で開催されているので、
お城 と写真が撮れるな~とカメラを出したら、、
にゃんと、お城に、猫 さんが

公開47

どこから上ったのでしょう?

どうやら、昨日は日中も曇り空で、肌寒かったので、
日向ぼっこの場所にお城を選んだようです

公開49

私が写真を撮っていると、
「あ、猫がいる!」と通りがかった子供たちの声が

それに驚いたのか、いったん、
場所を変更しようとお城の上をウロウロ
でも、日陰をさけて、また、日当たりのいい場所へ戻ってきました

そうそう、動物といえば、
小田原駅にある早雲像には牛がいますよね~

公開50

これは早雲が小田原を攻める際に、牛の角に松明をくくりつけて、
箱根の山から一気に突撃したという伝説がもとになっているんですよ

そもそも、今では小田原と言えば北条氏
と皆さん当たり前なっていますが、
もともとは、北条早雲は岡山県出身なんですよね

しかも、北条という姓は2代氏綱が
鎌倉幕府の執権「北条」氏の強いイメージを
彷彿させるように改姓したものなんです
(その前は「伊勢」という姓なんですよ)

だから、紛らわしくないように、
早雲からの北条氏を「戦国北条氏」と明記したりします

そして、「戦国時代は北条で始まり北条で終わる」
と言われるように、
早雲が将軍足利義正の甥、足利茶々丸を内紛で討って、
伊豆を平定したことが、いわゆる下剋上の始まりであり、
戦国時代の幕開けと言われています

そして、大森氏から攻め取った
小田原城を拠点に関東を治めていくことになります

ちなみに、その小田原城へは、
3代氏康が4代氏政へ家督を譲った頃に、
関東侵攻をもくろんでいた、
「上杉謙信」が攻めてきましたが、
籠城し、強固な守りに謙信は退陣したといわれています

そんな小田原城を我が物顔で悠々歩く
「猫さん」

また会いに行きます

大豆粉 de シフォンケーキ

11月13日の教室では、「脱脂大豆粉」を使って
「ふわふわ~&しっとり~シフォンケーキ」を作りましたよ

まずは、「卵を割って~」と
生徒さんが卵を割ってみたら

なんと、黄身が双子ちゃん

公開43

こんなこともあるんですね~と
生徒さんとビックリ
そして、あわててカメラを探しパシャリ

公開44

今回の主役「大豆粉」の登場
この大豆粉は油を抜いてある脱脂大豆粉なので、
普通の大豆粉よりも、ヘルシ~

そして、「きなこ」とは違い、
生の丸大豆を絞って、油を抜いた状態で、
粉にしたものなので、焙煎した物ではないんですよ

今回はベーキングパウダーは使用していませんが、
出来上がりは、ちゃんと「ふんわり」ふくらみましたよ~

粗熱が取れる頃には、少し、しぼんでしまいましたが
しっとりした食感と
素朴なお豆の風味が美味しいシフォンケーキの完成です

公開45

みなさんも、秋のティータイム
ヘルシーで体にやさしい大豆粉のケーキはいかがですか?
まだ、教室のお申込みは受付中ですよ


いつもお忙しい中、
レッスンにお越しいただきありがとうございました
また、次回お会いできることを楽しみにお待ちしております

米粉 de きのこシチューパン3

11月9日は米粉パン教室でした
今回も、大人気「きのこシチューパン」をつくりましたよ

何回か、教室に来てくださっている皆さんは、
だんだん米粉パンのコツをつかんでくださり、
最初の頃は、「20分も生地をこねるのは大変
と、おっしゃっていましたが、
今ではもう、すっかり、慣れ、
ご自分で綺麗な米粉パンの生地を作れるようになられました

公開39

分割や成形の手際も皆さん早くなられましたよ~

公開40

米粉パンをご家庭で、もう一度作られることは少ないと思いますが、
米粉のホワイトソースやシチューなら、
簡単に作れますので、
どんどん、米粉を活用してくださいね~

公開41

焼き上がりも、チーズがちょうど蓋のようになって、
きれいですね~

公開42

ご試食には、11月のケーキ
「脱脂大豆粉のシフォンケーキ」も
召し上がっていただきました

「ふわふわなのに、しっとり~」な食感で
ほんのり、お豆の風味もして、
美味しく体にいいシフォンケーキなんですよ

今回は特別に、生徒さんが、
手作り「梨のコンポート」を持って来てくださったので、
シフォンケーキと一緒にいただきました

甘すぎず、シャリシャリとした梨の食感が楽しめる
コンポートは、素朴な味の大豆粉シフォンケーキにも
ピッタリで、とっても美味しかったです
ごちそうさまでした


今回もお忙しい中お越しいただき、
また、手作りのコンポートまで頂きまして、
ありがとうございました

また、次回お会いできる日を楽しみにお待ちしております

米粉 de ハロウィン

10月29日・30日・31日は
米粉で楽しむ「大人のスィーツハロウィン」の
イベントでした

たくさんの方に気軽に米粉を知って頂く機会になればと
いつもよりもお得なレッスン料でイベントを開催し、
「米粉クッキーと米粉クレープ」を作りましたよ

公開34

米粉クッキーには体にいいこといっぱいの「脱脂大豆粉」を混ぜました

クッキー生地をハロウィンの型や色々な動物型の型抜きで抜いて、
卵で照りをつけて、、、

公開35

オーブンで焼くと完成です

ほんのり大豆の風味がする
「米粉&大豆粉のクッキー」です

公開36

そして、米粉100%と卵・牛乳・砂糖・バターだけで作る、
簡単クレープも作り、ご試食していただきました

公開37

米粉のクレープ生地は、
うす~く焼いても、弾力があって切れにくく、
裏返しする際にも、生地がよれたりせず、
作りやすくてオススメなんです

公開38

焼きあがった生地は「もっちり」しているので、
クレープの中身はあま~いスィーツ系も、
おかず系にもぴったり

皆さん、お好みの具材を選んで
くるくる巻いて、ご試食していただきました~

イベントにお越し頂きました皆さま
お忙しいところご参加頂きありがとうございました

脱脂大豆粉は11月のケーキ教室で
「シフォンケーキ」も作りますので、
是非、またお越しくださいね。お待ちしております

大名行列 de 早雲寺

今日11月3日 文化の日  箱根湯本温泉 では
大名行列が開催されました

多くの観光客や地元の皆さんが、
カメラをかまえて大名行列を待っている中、
私は一人、人ごみを避け、早雲寺へ

ホテルが立ち並ぶエリアを抜け、
箱根湯本の駅から歩くこと約15分
いつ来ても静かで落ち着いた空気の漂う
「早雲寺」に到着

「少し離れた場所にはあんなに観光客がいるのに~」と
思うほどの静けさ

公開29

「早雲寺」は戦国北条氏の菩提寺です
北条5代の肖像画、書状などが収められているのですが、
実は今、来年の5月末まで本堂は保存修理工事中なんです

残念

でも、新しくなった本堂へ、
また来る楽しみが1つ増えたと思うことにします

公開30

本堂は工事中ですが、
北条5代のお墓へはお参りすることができます

公開31

一番右が初代早雲、
そして、右から、
2代氏綱 3代氏康 4代氏政 5代氏直 
のお墓(供養塔)です

初代早雲を弔うために2代氏綱が建立し、
代々北条氏の菩提寺なのですが、
どちらかというと、
豊臣秀吉が小田原攻めの際に、
本陣としたお寺として有名

その後に、前回ブログで紹介した
石垣山一夜城へと本陣は移されます

早雲寺から、小田原城、この距離感、、、
実際に訪れてみると、
かなり絶妙な気がします

一夜城のように、もう、王手のような近さでもなく、
かといって、
現在でも小田原駅からバスで約20分ぐらいの箱根湯本駅、
たぶん、当時歩いても、ものすごく遠いわけでもない

早雲さんが弔われたこの場所で、
北条氏が滅ぼされる第一歩が考えられていたのかと思うと、
北条氏LOVE的には、かなりせつないものがあります

公開32

ちなみに、一夜城で使われた
「梵鐘」もここにあります

前回、一夜城でウロウロした、あの広い敷地のどこかに、
この「梵鐘」もあったんですね

公開33

さて、今日は参勤交代を再現した、大名行列です
もう、江戸幕府の話だから、北条氏は関係ないかな?
なんて思ってはいけません、
ちゃんと、大名行列の前、
にぎやかなマーチングバンドの後に、
いらっしゃいました、三つ鱗
「小田原北條鉄砲衆」の皆さん

いまでも、ちゃんとこうやって三つ鱗を背負って、
保存している人たちがいる、
そこが、戦国の世でありながらも、
5代に渡り、領民に慕われ、
そして、今でも市民に愛されている
「北条氏」ならではなのかもしれませんね

橋の上で、火縄銃の実演です
思えば、初めて火縄銃の音を聞きました

そして、あの煙

優雅な大名行列を眺めながら、
やっぱり一人、
まだ、戦国時代にタイムスリップ中の私でありました

プロフィール

comecomeco

Author:comecomeco
神奈川県

一般財団法人
日本穀物検定協会認定 
米粉食品指導員


国産米粉8割に
小麦粉グルテン2割を
入れた米粉で
手ごねのパンを

米粉100%
(グルテンフリー)で
ケーキやお菓子を
作っています。

またスープなど
米粉を活用した料理や
脱脂大豆粉を使った
料理・お菓子なども
研究中です!

「こめこめこ」ホームページ
http://www001.upp.so-net.ne.jp/comecomeco/





Powered by クスパ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR