ブログ de 北條 in 三島②

①に引き続いて、山中城跡公園編
V字に広がる山城の右側の方へ~

富士山と米粉ガトーショコラで
再び元気を取り戻し、
いよいよ、ついに、噂の「障子掘」がある右側へ

が、いきなり、道に迷う
あとで、近道のルートがあったことに気が付きましたが、
どうやら、私たちは、
わざわざ遠いルートを選んでしまったらしく、
国道1号線に沿って歩いてしまい、
北の丸(一番右端のエリア)から散策することに

公開62

で、こちらのエリアはけっこうな急斜面を上ります
そして、くねくねとした滑りやすい山道が続きます

そうですよね、もともと軍事的な要素の強い城ですもの、
そうやすやすと攻め込まれないようになっているんだから
今も、歩きにくくて当たり前なんですよね

途中には、こんな掘りが随所に見られます

こういう小さな堀もきちんと今まで保存されているってことが、
すごいことなんですよね~
だって、1560年代に築城されたお城の跡なんですよ

そうこう思いをはせながら歩いていると、
やっと、V字の右上、ついに、西の丸エリアに到着

これが、北条氏の特徴が出ているといわれている、
「障子掘」

公開63

なんで、「障子掘」というかというと、
どうやら、入り組んだ形が、「障子のさん」に似ていると
いうことからついたそうですが、、、
角度によっては、そう見えなくもない?
かなという感じ

公開64

そして、こんな形の堀も掘られています

こんな感じに一つ一つ堀が
区画されて掘られているので、
一部は地下水を中に溜めて用水池を兼ねたり、
敵が水の中に落ちる?ということを想定した
水堀だったらしい

公開65

堀の一つ一つの区画はかなり深く掘られていて、
なんと、深さは9メートル以上、
傾斜は55度の急斜面
しかも、関東ローム層の滑りやすい土
それは、一度落ちたら、這い上がれない
まさに蟻地獄状態になっています

だった、はず、、、なんだけどね~
こんなに、複雑に、こりにこった堀を掘って
豊臣軍を迎え撃つ準備をしていたのに、、、
攻め込まれて、たった半日で落城ですよ
やっぱり圧倒的な兵力の数には勝てないということでしょうか。。。

逆に、区画をわざわざ時間をかけて複雑に作らずに、
ただ長~い堀にしておいた方が、
かえって攻めにくかったのでは?
と、思わずにはいられないけど
そういうところが、北条軍らしいところなんでしょう

今もこの堀をわざわざ見に来る観光客が
こんなにいるんですもの
そう、そして、ただ長いだけの堀ではなく、
この山肌に沿って複雑に掘られた堀だからこそ、
感動する美しさなんですよね

そうそう、西の丸からも、
富士山がきれいにみえますよ~

公開66

西の丸を取り囲む「堀」を満喫して、
下山
戻りは池の横を通って近道で

前回、一夜城でも、山城の生命線は水
と勉強しましたが、
ここも、標高580メートルの山城ですが、
湧水が豊富に湧いてたので、
池や井戸が作れたんですね~

そして、山中城跡公園から、
三島大社へとバスで移動

③へつづく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

comecomeco

Author:comecomeco
神奈川県

一般財団法人
日本穀物検定協会認定 
米粉食品指導員


国産米粉8割に
小麦粉グルテン2割を
入れた米粉で
手ごねのパンを

米粉100%
(グルテンフリー)で
ケーキやお菓子を
作っています。

またスープなど
米粉を活用した料理や
脱脂大豆粉を使った
料理・お菓子なども
研究中です!

「こめこめこ」ホームページ
http://www001.upp.so-net.ne.jp/comecomeco/





Powered by クスパ

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR